東京都東村山市(読み)ひがしむらやま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕東村山〈市〉(ひがしむらやま〈し〉)


東京都北部の市。
武蔵野台地上に位置する。北は埼玉県所沢市と隣接する。第二次世界大戦前までは、養蚕や狭山(さやま)茶・野菜の栽培が中心。戦後、とくに1960年代以降、住宅都市として急速に発展。食品・機械・電機などの工場がある。正福(しょうふく)寺(臨済宗)の地蔵堂は、都内唯一の国宝建造物として知られる。西端に多摩湖(村山貯水池)がある。国立療養所多磨全生園(たまぜんしょうえん)、国立ハンセン病資料館がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東京都東村山市の関連情報