コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京都東村山市 ひがしむらやま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕東村山〈市〉(ひがしむらやま〈し〉)


東京都北部の市。
武蔵野台地上に位置する。北は埼玉県所沢市と隣接する。第二次世界大戦前までは、養蚕や狭山(さやま)茶・野菜の栽培が中心。戦後、とくに1960年代以降、住宅都市として急速に発展。食品・機械・電機などの工場がある。正福(しょうふく)寺(臨済宗)の地蔵堂は、都内唯一の国宝建造物として知られる。西端に多摩湖(村山貯水池)がある。国立療養所多磨全生園(たまぜんしょうえん)、国立ハンセン病資料館がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

東京都東村山市の関連キーワード下宅部遺跡はっけんのもり東京都東村山市富士見町東京都東村山市多摩湖町東京都東村山市久米川町東京都東村山市廻田町東京都東村山市美住町東京都東村山市秋津町東村山ふるさと歴史館東京都東村山市野口町東京都東村山市諏訪町東京都東村山市青葉町東京都東村山市恩多町東京都東村山市萩山町労組事務所退去問題東京都東村山市栄町東京都東村山市本町国立感染症研究所東村山中央公園アルメディオ龍 智恵子

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東京都東村山市の関連情報