東儀 兼彦(読み)トウギ カネヒコ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

東儀 兼彦
トウギ カネヒコ


職業
雅楽師

専門
篳篥

肩書
宮内庁式部職楽部首席楽長

経歴
秦河勝を始祖とする楽家・天王寺系東儀家の52代目。多忠麿、芝祐靖らと雅楽の普及に努める。篳篥の名人として名高く、ジョン・ケージ「竜安寺」やカールハインツ・シュトックハウゼン「リヒト(光)」の演奏にも参加しケージやシュトックハウゼンから称賛を受けた。平成12〜15年宮内庁式部職楽部首席楽長を務めた。

受賞
瑞宝双光章〔平成19年〕

没年月日
平成20年 3月25日 (2008年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android