コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東北方言 とうほくほうげん

大辞林 第三版の解説

とうほくほうげん【東北方言】

東北地方で話される方言。青森・秋田の両県および岩手県の旧南部藩領、山形県の庄内地方などを範囲とする北奥方言と、宮城・福島の両県および岩手県の旧伊達藩領、山形県の内陸部などを範囲とする南奥方言に分けられる。イがエと発音され、シ・ス、チ・ツ、ジ・ズが混同し、いわゆるずうずう弁といわれる特徴を示す。また、南奥ではアクセントが一型で、語による区別がない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

東北方言の関連キーワード津波てんでんこずうずう弁方言区画論東北地方四つ仮名カザフ語安藤昌益アイヌ語小林好日雲伯方言東北弁山形県琉球語岩手県赤べこ朝鮮語べい撥音方言

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東北方言の関連情報