コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東北線・青い森鉄道

1件 の用語解説(東北線・青い森鉄道の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

東北線・青い森鉄道

東北新幹線並行在来線としては、東北線の八戸―盛岡間が02年12月、JR東日本から経営分離された。八戸から青森・岩手県境の目時まで25・9キロは青森県などが出資する「青い森鉄道」、目時から盛岡までの82・0キロは岩手県などが出資する「IGRいわて銀河鉄道」がそれぞれ経営を受け継いでいる。10年度末に新幹線が新青森まで延伸すると、東北線の八戸―青森間96・0キロも新たに並行在来線となり、経営は「青い森鉄道」が引き継ぐ。

(2008-04-25 朝日新聞 朝刊 佐賀全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone