東和〈町〉(読み)とうわ〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕東和〈町〉(とうわ〈ちょう〉)


岩手県のほぼ中央部、北上川支流の猿ヶ石川流域に存在した町。和賀郡。
和紙・ホームスパンなどを産する地場産業がある。画家の萬(よろず)鉄五郎はこの土地の出身。2006年(平成18)1月、合併により自治体としては廃止。⇒花巻市

〔旧地名〕東和〈町〉(とうわ〈ちょう〉)


宮城県北東部、北上川下流東岸に存在した町。登米(とめ)郡。
2005年(平成17)4月、合併のため廃止。この合併により、登米郡消滅。米川地区は近世初期の隠れキリシタンの地として知られる。⇒登米市

〔旧地名〕東和〈町〉(とうわ〈まち〉)


福島県北東部、阿武隈(あぶくま)高地北西部に存在した町。安達(あだち)郡。
2005年(平成17)12月、合併により廃止。⇒二本松市

〔旧地名〕東和〈町〉(とうわ〈ちょう〉)


山口県南東部、屋代島(やしろじま)東部に存在した町。大島郡
沖合いに戦艦陸奥(むつ)の爆沈地点がある。2004年(平成16)10月、合併のため廃止。⇒周防大島町

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android