東大の推薦入試

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

東大の推薦入試

東大の募集定員は一般入試を含めて約3千人。今回は一般入試の後期日程を廃止し、定員全体の約3%にあたる100人程度を推薦入試に配分。志願者には、科学五輪好成績▽英語など外国語の各種試験で高得点▽全国レベルの大会で入賞――などの実績を示す書類の提出を求めた。各高校は男女各1人を推薦でき、合否は書類、面接、センター試験の結果を総合的に評価して決めた。合格発表は一般入試より1カ月早い2月10日。合格者は男子48人、女子29人の計77人で、うち70人が現役生だった。

(2016-03-04 朝日新聞 朝刊 富山全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東大の推薦入試の関連情報