コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東大和[市] ひがしやまと

百科事典マイペディアの解説

東大和[市]【ひがしやまと】

東京都北部,埼玉県に接し狭山丘陵南部にある市。1970年市制。北は埼玉県所沢市に接する。狭山茶を特産,金属機械工業も行われている。昭和30年代後半に西武拝島線が通じて以降,住宅地化が著しい。市域北部に多摩湖がある。13.42km2。8万3068人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひがしやまと【東大和[市]】

東京都中北部の市。1970年市制。人口7万6355(1995)。市域の南部は武蔵野台地,北部は狭山丘陵で占められる。狭山丘陵南陵には先土器~縄文時代の遺跡が多い。江戸初期の野火止(のびどめ)用水開削後,南部の台地も開墾が進められて畑地が広がり,麦や野菜がつくられた。大正期には養蚕業が盛んで,村山大島紬の産地として知られた。近年は狭山茶をはじめ梨や花卉などが栽培される。市域北部を青梅街道,中央部を新青梅街道が東西に貫通し,道路交通の便がよく,工場の進出がみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android