東大阪[市](読み)ひがしおおさか

  • 東大阪

百科事典マイペディアの解説

大阪府東部の市。1967年布施河内枚岡(ひらおか)の旧3市が合併し市制。江戸中期鴻池新田などの新田が開発され,河内木綿も多産した。大阪平野中部を占め大阪市の東に接する衛星都市で,人口増加が著しい。大阪東部工業地帯の一部をなし金物,機械,プラスチックなどの工場,流通センター,トラックターミナルが設けられ,卸企業が進出している。片町線,おおさか東線,近鉄各線,大阪市営地下鉄中央線,近畿自動車道,阪神高速道路などが通じる。東部は金剛生駒紀泉国定公園に属する。花園ラグビー場がある。61.78km2。50万9533人(2010)。
→関連項目近畿大学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

大阪府東部,大阪市の東に隣接する市。1967年布施市(1937市制),河内(かわち)市(1955市制),枚岡(ひらおか)市(1955市制)が合体改称。人口51万7232(1995)。大阪~奈良間の最短コースとして知られた暗越(くらがりごえ)奈良街道と東高野街道の交点にあたり,古くから交通の要衝であった。西部の布施,中部の河内は旧大和川が北流して淀川に合流していたため,低湿地が多かったが,1704年(宝永1)大和川の付替工事によって新田開発が進み,綿作が盛んになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報