コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東宝撮影所

1件 の用語解説(東宝撮影所の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

東宝撮影所

東宝の前身である写真化学研究所が1932年に建設した。第1回作品は「ほろよひ人生」。戦後の労働争議を経て、昭和20年代後半から黄金時代となり、1957年には年間に60本の作品を製作した。しかし、映画業界の斜陽とともに製作本数は激減。撮影所の各部門は別会社に。撮影所は現在、東宝関連会社の東宝スタジオサービスが運営している。

(2011-04-09 朝日新聞 朝刊 都 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東宝撮影所の関連キーワード入江為常玉虫文一小川智也長口宮吉茅幸二鈴木三郎堀尾正雄

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東宝撮影所の関連情報