コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東家楽遊(2代) あずまや らくゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東家楽遊(2代) あずまや-らくゆう

1881-1960 明治-昭和時代の浪曲師。
明治14年6月3日生まれ。初代東家楽遊の孫弟子。はじめ小楽を名のる。渡辺黙禅の新聞小説を浪曲化した「勤王美談小松嵐」は大評判をえた。「塩原多助」「牡丹灯籠」などを得意とした。昭和7年弟子の左楽遊に3代をゆずり,東家悟楽斎と称した。昭和35年3月10日死去。78歳。東京出身。本名は中村幸吉。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

東家楽遊(2代)の関連キーワード昭和時代明治

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android