東屋・四阿(読み)あずまや

大辞林 第三版の解説

あずまや【東屋・四阿】

〔東国風のひなびた家の意という〕
屋根を四方へ葺き下ろした建物。寄せ棟造り。 → 真屋まや
庭園や公園に設ける休憩用の小さな建物。萱かや・藁わら・杉皮などで葺いた寄せ棟形式の屋根で四方を吹き放しにしたもの。亭ちん
催馬楽の曲名。 「君-を忍びやかに謡ひて/源氏 紅葉賀
源氏物語の巻名。第五〇帖。宇治十帖の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android