コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東平(とうなる)地区

1件 の用語解説(東平(とうなる)地区の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

東平(とうなる)地区

標高750メートルの山中にあり、1902(明治35)年に坑道の「第三通洞」(1795メートル)が貫通したのを機に、別子銅山の物資輸送の拠点となった。16(大正5)年から30(昭和5)年まで採鉱本部が置かれ、最盛期に人口は約3800人を数えた。貯鉱庫や索道基地の遺構があり、「マイントピア別子東平ゾーン」として東平歴史資料館などが整備され、大勢の観光客が訪れている。

(2012-02-20 朝日新聞 朝刊 愛媛全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東平(とうなる)地区の関連キーワード大鳥池大日岳高妻山標高弥山ロンダ神鍋高原奇絶峡鬼怒沼ヤイロ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東平(とうなる)地区の関連情報