東彼杵(町)(読み)ひがしそのぎ

  • 東彼杵

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長崎県東彼杵郡にある町。大村湾の東岸に位置する。1959年(昭和34)彼杵町と千綿(ちわた)村が合併して成立。町の中心をなす彼杵港は古来海陸交通の要所で、時津(とぎつ)(大村湾南岸)への航路を有し、また陸路では嬉野(うれしの)(佐賀県)へ通ずる旧長崎街道があり、長崎と上方(かみがた)方面を結ぶ交通要地であったが、現在ではJR大村線、JRバス嬉野線、国道34号、205号を通じ、また長崎自動車道東そのぎインターチェンジがあり、港は衰微している。ひさご塚古墳は、これら国道の分岐点近くにある。背後の丘陵斜面ではミカン栽培、丘陵上の平坦(へいたん)地には茶園が広がり、製茶工場も多く、茶の生産は県下の40%を占める。千綿は寛文(かんぶん)年間(1661~1673)大村藩の財政や産業振興に多大の功績を残した深沢儀太夫勝清(ふかざわぎだゆうかつきよ)の出生地で、彼はこの地区でも、中岳(なかだけ)地区に四つ池とよばれる溜池(ためいけ)を構築、下流に新田を開発、また江串(えぐし)川の氾濫(はんらん)を防ぐ堤防建設、河口に干拓地の造成などの業績を残している。また、この地区は大村湾県立公園に含まれ、竜頭泉(りゅうとうせん)や大野原高原(おおのばるこうげん)などの景勝地がある。千綿人形浄瑠璃(じょうるり)や坂本浮立(さかもとふりゅう)は県指定無形民俗文化財。面積74.29平方キロメートル、人口8298(2015)。[石井泰義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android