東方ロカルノ(読み)とうほうロカルノ(英語表記)Eastern Locarno

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東方ロカルノ
とうほうロカルノ
Eastern Locarno

1934年フランスの J.バルトゥー外相が提唱した東欧諸国の集団安全保障案。東欧ロカルノ案ともいう。 25年のロカルノ条約を補うもので,ソ連,ドイツ,ポーランドチェコスロバキアおよびバルト諸国間の国境維持保障を目的とした。しかしドイツとポーランドの強硬な反対にあい,また賛同したのもチェコスロバキア,ソ連の2ヵ国だけであったため,実現にはいたらず,フランス=ソ連,チェコ=ソ連相互援助条約の締結という個別的安全保障に向うこととなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android