コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東松山[市] ひがしまつやま

百科事典マイペディアの解説

東松山[市]【ひがしまつやま】

埼玉県中央部の市。1954年市制比企丘陵の一部と台地からなり,槻(つき)川,市ノ川が南東流する。近世は脇往還の宿場町市場町として発達。東武東上線,関越自動車道が通じる。1939年に自動車部品の工場が進出してから工業化が進み,工業団地もできて,自動車部品工業が市の製造品出荷額の約5割(2003)を占めている。高坂ニュータウンの造成など住宅地化が著しく,1990年から人口が増加している。県立こども動物自然公園や,五領(ごりょう)遺跡をはじめ遺跡,古墳が多く,吉見の百穴も近い。65.35km2。9万99人(2010)。
→関連項目大里[町]松山(埼玉)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひがしまつやま【東松山[市]】

埼玉県中央部にある比企地方の中心都市。1954年松山町と大岡村など3村が合体,市制。人口9万3342(1995)。北部および南西部は比企丘陵に続く丘陵地で,中央部は関東ローム層の台地からなり,南部を都幾(とき)川,越辺(おつべ)川が流れる。東武東上線,関越自動車道が通じる。松山は江戸時代には宿場町,市場町として栄え,5・10の六斎市が立った。農業は米作養蚕を中心としたが,いまは梨の栽培も盛んである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の東松山[市]の言及

【松山】より

…武蔵国比企郡の中心部(現,埼玉県東松山市)。松山本郷ともいう。…

※「東松山[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android