コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東流斎馬琴(1世) とうりゅうさいばきん[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東流斎馬琴(1世)
とうりゅうさいばきん[いっせい]

講談師。本名吉田常吉。神田の版木屋の子とも,備前浪人ともいわれる。棒読みを主としていた講談を,男は男の声で,女は女の声で,また身振りも加えて写実的なものとし,読本の類も取入れたりして大衆化に成功。滝沢馬琴を尊敬して馬琴を名のる。大坂で没。なお,東流斎馬琴名跡は2世までで,3世以降は宝井姓を名のった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

東流斎馬琴(1世)の関連キーワード講談師

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android