コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東海・東南海・南海地震

1件 の用語解説(東海・東南海・南海地震の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

東海・東南海・南海地震

それぞれ静岡県御前崎周辺、紀伊半島沖、四国沖を震源域にする。100年程度で繰り返し発生し、1707年のように三つがほぼ同時に起きたこともある。文部科学省の研究チームは、宮崎県沖の日向灘の震源域も動く「4連動」の可能性を指摘する。政府の地震調査委員会東日本大震災後、規模予想を見直すことを決定。調査委の予測は中央防災会議自治体の被害想定や防災計画の前提になる。

(2011-06-17 朝日新聞 朝刊 大特集V)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東海・東南海・南海地震の関連キーワード遠州灘御前崎紀伊半島宝永地震御前崎市各部東南海地震流流東海、東南海、南海地震紀伊半島沖の地震

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東海・東南海・南海地震の関連情報