コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東海地震と浜岡原発

1件 の用語解説(東海地震と浜岡原発の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

東海地震と浜岡原発

茂木清夫氏が駿河湾遠州灘の大地震の可能性を指摘した翌年の70年、中部電力浜岡原発の設置を申請。71年に1号機が着工した。地震学者の石橋克彦氏が東海(駿河湾)地震説を発表した76年、1号機の運転を開始。03年、1〜4号機の運転差し止めを求めて住民が提訴した。東海地震が発生する確率は今後30年以内で87%。最悪で約1万人の死者が出ると想定されている。

(2007-09-01 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東海地震と浜岡原発の関連キーワード遠州灘余震地震空白域東海地震地震の間駿河トラフ慶長の大地震東海、東南海、南海地震南海地震と日向灘の地震駿河湾沖地震

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone