コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東海発電所の廃止措置

1件 の用語解説(東海発電所の廃止措置の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

東海発電所の廃止措置

98年に営業運転を停止し、01年から着手。すでにタービンや発電機の機器などの撤去を終了。計画では、新年度からは熱交換器の撤去を始め、17年度までに原子炉本体を解体して更地にする。総事業費は約930億円。

(2006-03-15 朝日新聞 朝刊 茨城首都圏 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東海発電所の廃止措置の関連キーワード営業停止停会ブルーリボン賞免許停止デュアル・モード・ビークル(DMV)志賀原発2号機美浜原発3号機蒸気噴出事故福島第二原発3号機島根原発公判停止

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone