コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東海銀行[株](読み)とうかいぎんこう

百科事典マイペディアの解説

東海銀行[株]【とうかいぎんこう】

東海地方を地盤とする都市銀行で中部財界の中核企業であった。1881年松坂屋のオーナー・伊藤家が伊藤銀行を創業。1882年に名古屋銀行,1896年に愛知銀行が創業。1941年伊藤・名古屋・愛知銀行の3行が合併し,東海銀行を設立。〈一県一行主義〉政策に従い,1945年までに愛知県下の銀行を合併し,県下唯一の普通銀行となる(現在は第二地銀あり)。1961年中央信託銀行を設立し,信託部門を譲渡。デリバティブ,金融ハイテク商品に注力。金融危機が心配された1999年3月政府による公的資金600億円を導入。2001年4月に三和銀行東洋信託銀行とともに持株会社〈UFJホールディングス〉を設立,行名も2002年1月よりUFJ銀行となった。2005年10月三菱東京フィナンシャル・グループと経営統合,三菱UFJフィナンシャル・グループを設立,行名を三菱東京UFJ銀行とした。
→関連項目あさひ銀行[株]千代田火災海上保険[株]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android