コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東海3県の首長選挙で存在感

1件 の用語解説(東海3県の首長選挙で存在感の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

東海3県の首長選挙で存在感

公明党は創価学会を支持母体とし、一定の集票力がある。昨年の参院選比例区の得票は、愛知県で約40万9千(得票率13・6%)、岐阜県で約11万5千(13・4%)、三重県で約11万4千(13・7%)を数えた。地方選挙では首長選挙で存在感を見せる。2011年の愛知県知事選で大村秀章氏が公明党県本部に支持され、自民党県連推薦の候補らを破り初当選。三重県知事選では公明党県本部支持で自民党が推薦した鈴木英敬氏が初当選した。今年の岐阜市長選では、現職の細江茂光氏が自公両党の支持を受け接戦を制した。

(2014-05-18 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東海3県の首長選挙で存在感の関連キーワード池田大作創価学会矢野絢也選挙協力石田幸四郎創価新報橋下氏と公明党原島宏治藤原行正北条浩

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone