コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東獅子(吾妻獅子) あずまじし

世界大百科事典 第2版の解説

あずまじし【東獅子(吾妻獅子)】

地歌。峰崎勾当作曲。1797年(寛政9)作。本調子手事(てごと)物で,三弦替手は石川勾当,京都で行われている箏は浦崎検校の手付け。《伊勢物語》在原業平の東下りを歌い出しとし,吉原での後朝(きぬぎぬ)の別れに獅子舞を舞うといった詞章。長い手事が聞き所で,砧地や,《三段獅子》の手事の二段,三段を打ち合わせたりする。【久保田 敏子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

東獅子(吾妻獅子)の関連キーワードティーク蔀関月アーガー・ムハンマドウルストンクラフトレオーベンの仮条約ウルストンクラフトケルキラ島ラグランジュピンクリボン運動全国自治体議会アンケート

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android