コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東秩父[村] ひがしちちぶ

2件 の用語解説(東秩父[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひがしちちぶ【東秩父[村]】

埼玉県西部,秩父郡の村。人口4323(1995)。秩父山地の東縁に位置し,荒川の支流槻(つき)川の上流域を占める。村域の大部分は山林である。秩父市とは定峰峠で通じるが,自動車道路は1955年になって開通したもので,経済的・行政的には東接する小川町や東松山市とのつながりが強い。かつては養蚕とともに木炭,手すき和紙の生産が盛んで,特に和紙は小川和紙の発祥地といわれ,江戸時代末までは生産の中心地であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

東秩父[村]【ひがしちちぶ】

埼玉県中央部,比企丘陵の西端に位置する秩父郡の村。南端を源流とする槻川が中部から東部へと流下しており,山林の面積が大半を占める。西端の二本木峠から大霧山にかけて秩父高原牧場が広がり,酪農も行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

東秩父[村]の関連キーワード日本システム技術八百津[町]何為れぞ襄樊

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone