コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東秩父[村] ひがしちちぶ

世界大百科事典 第2版の解説

ひがしちちぶ【東秩父[村]】

埼玉県西部,秩父郡の村。人口4323(1995)。秩父山地の東縁に位置し,荒川の支流槻(つき)川の上流域を占める。村域の大部分山林である。秩父市とは定峰峠で通じるが,自動車道路は1955年になって開通したもので,経済的・行政的には東接する小川町や東松山市とのつながりが強い。かつては養蚕とともに木炭手すき和紙生産が盛んで,特に和紙小川和紙発祥地といわれ,江戸時代末までは生産の中心地であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

百科事典マイペディアの解説

東秩父[村]【ひがしちちぶ】

埼玉県中央部,比企丘陵西端に位置する秩父郡の村。南端源流とする槻川が中部から東部へと流下しており,山林の面積が大半を占める。西端の二本木峠から大霧山にかけて秩父高原牧場が広がり,酪農も行われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

東秩父[村]の関連キーワードだいだらぼっち細川紙

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android