コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東芝プラント建設 とうしばプラントけんせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東芝プラント建設
とうしばプラントけんせつ

火力・原子力に強い電気工事会社。東芝直系。 1938年,電灯動力に伴う建設工事の請負施工,電気機械器具の製造を目的に三興電気として設立された。その後,東芝工事と合併。 78年に現社名に改称する。空港などの施設関係工事も行う。売上構成比は,機電プラント 43%,電力プラント 32%,原子力プラント 25%。年間売上高 1159億 100万円 (連結。うち海外事業5%) ,資本金 118億 7600万円,従業員数 2295名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

東芝プラント建設の関連キーワード東芝プラントシステム

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android