東谷(読み)とうこく

美術人名辞典の解説

東谷

江戸後期の画家下総生。幼少の頃江戸に出て、建部凌岱のに入った。のち長崎へ赴き能斐の門に入り、遂に自ら一家の風を成した。山水花鳥を能くする。寛政頃の人。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東谷の関連情報