コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東谷 とうこく

美術人名辞典の解説

東谷

江戸後期の画家下総生。幼少の頃江戸に出て、建部凌岱のに入った。のち長崎へ赴き能斐の門に入り、遂に自ら一家の風を成した。山水花鳥を能くする。寛政頃の人。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

東谷の関連キーワードサンチェス・フェルロシオNEOキャンピングパークゴメス・デ・ラ・セルナ東谷風穴蚕種貯蔵所跡近江中山の芋競べ祭りマルティン・サントス芋競べ祭[中山]豊里(茨城県)鞍馬天狗(能)踏みはずした春川西[市]ラフォレースンスネギ一言主神北庭筑波王家の谷鉄山宗鈍栃尾盆地ハルネス東谷毬子

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東谷の関連情報