コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東部カレリア事件 とうぶカレリアじけんStatus of Eastern Carelia Case

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東部カレリア事件
とうぶカレリアじけん
Status of Eastern Carelia Case

カレリア (→カレリア共和国 ) の自治に関するフィンランドとソ連の紛争。 1922年,フィンランドは,ドルパト (タルトゥ) 平和条約に規定され,ソ連に編入された東部カレリアの住民の自治をソ連が侵しているとして,国際連盟理事会に提訴した。理事会は,この事件について常設国際司法裁判所の勧告的意見を求めた。裁判所は,23年7月 23日,この要請が国家間の紛争を決定する意味をもつため,当事国ソ連の同意が必要と判断して,勧告的意見を与えることを拒否した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android