コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東陽[村] とうよう

世界大百科事典 第2版の解説

とうよう【東陽[村]】

熊本県中部,八代郡の村。人口2921(1995)。南西部は八代市に接する。東・南部は九州山地に属する山地が広く占め,北西部には八代平野に続く低地が開ける。河俣川が中央部を北西流し,北西部を西流する氷川に合流する。農林業が主体で,米,麦のほか山麓でのミカン,茶,タケノコなどの栽培が盛ん。ショウガの産地としても知られる。江戸末期から明治にかけて全国各地に多くの眼鏡橋をかけた種山石工の出身地で,橋本勘五郎は皇居の旧二重橋を造っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

東陽[村]の関連キーワードエクサバイトエクスビバイト山之口麓文弥節人形浄瑠璃資料館 人形の館茨城町鳴沢村労働金庫

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東陽[村]の関連情報