コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東陽〈村〉 とうよう〈むら〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕東陽〈村〉(とうよう〈むら〉)


熊本県中部、氷川(ひかわ)とその支流河俣川(かわまたがわ)流域に存在した村。八代郡。
江戸・明治期にかけて種山(たねやま)石工の技術者を多数輩出。村内にも笠松橋などの石橋が残る。2005年(平成17)8月、合併のため廃止。⇒八代市

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

東陽〈村〉の関連キーワード熊本県八代市緒方 正規橋本勘五郎東陽千丁坂本

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android