コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東頚城丘陵 ひがしくびききゅうりょう

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕東頚城丘陵(ひがしくびききゅうりょう)


新潟県南西部、高田(たかだ)平野東方に広がる丘陵。北北東に傾いた第三紀層の傾動地塊で、砂岩・頁(けつ)岩からなる。標高約300~1000m。全国有数の地滑り多発地帯。豪雪や交通の不便さなどから、山間部の町村では過疎化が顕著。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android