コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東頚城丘陵 ひがしくびききゅうりょう

1件 の用語解説(東頚城丘陵の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕東頚城丘陵(ひがしくびききゅうりょう)


新潟県南西部、高田(たかだ)平野東方に広がる丘陵。北北東に傾いた第三紀層の傾動地塊で、砂岩・頁(けつ)岩からなる。標高約300~1000m。全国有数の地滑り多発地帯。豪雪や交通の不便さなどから、山間部の町村では過疎化が顕著。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東頚城丘陵の関連キーワード頸城油田関川高田高田派高田平野新潟平野上越豊後高田大和高田高田幽雅

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone