コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋佐之助(初代) きねや さのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杵屋佐之助(初代) きねや-さのすけ

1898-1968 大正-昭和時代の長唄三味線方。
明治31年3月3日生まれ。4代杵屋佐吉に入門,大正7年佐之助を名のる。演奏,作曲ともにすぐれる。長唄協会副理事長・副会長などをつとめた。昭和43年3月31日死去。70歳。東京出身。本名は米倉金次郎。作品に三弦主奏楽「土」「街の断章」,舞踊曲「源氏物語」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

杵屋佐之助(初代)の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android