杵屋作十郎(初代)(読み)きねや さくじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杵屋作十郎(初代) きねや-さくじゅうろう

1728-1799 江戸時代中期-後期の長唄三味線方。
享保(きょうほう)13年生まれ。前名は上村作十郎。杵屋宗家7代喜三郎に師事して杵屋と改姓。宝暦6年立三味線となり,唄方の初代富士田吉次(きちじ)らの相方をつとめ,「吉原雀」などの曲を合作した。以後作十郎の名は作十郎派の家元名として9代をかぞえる。寛政11年5月20日死去。72歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android