コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋六三郎(4代) きねや ろくさぶろう

2件 の用語解説(杵屋六三郎(4代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杵屋六三郎(4代) きねや-ろくさぶろう

1779-1856* 江戸時代後期の長唄三味線方。
安永8年生まれ。初代杵屋正次郎の門弟。前名は長次郎。文化5年4代六三郎をつぐ。作曲・演奏両面にひいで,長唄中興の祖といわれる。7代市川団十郎のために「晒女(さらしめ)」「勧進帳」などを作曲。お座敷長唄吾妻八景」「松の緑」なども知られる。のち六翁を名のり,その住居にちなみ「池の端の六翁」とよばれた。安政2年11月30日死去。77歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

杵屋六三郎(4代)

没年:安政2.11.30(1856.1.7)
生年:安永9.1.10(1780.2.14)
江戸後期の長唄三味線方。江戸板橋宿の旅籠奈良屋の次男に生まれ,名を長次郎といった。幼いころから三味線に優れ,初代杵屋正次郎門下で研鑽を積む。寛政10(1798)年の江戸中村座が初舞台で,その後河原崎座,中村座,市村座で活躍した。文化5(1808)年に4代目六三郎を襲名し,作曲と演奏,両方の名人とたたえられ,同時代の10代目杵屋六左衛門と並び称せられた。7代目市川団十郎に深く信頼され,団十郎のために数多く作曲している。なかでも名曲として知られるのが「勧進帳」である。ほかに「老松」「吾妻八景」「松の緑」など,「お座敷長唄」と呼ばれる純粋鑑賞用の長唄も知られる。特に「老松」はお座敷長唄の嚆矢とされている。天保11(1840)年,長男に六三郎の名を譲り,自らは六翁と名乗った。六三郎の名跡は,平成期までに12代を数える。

(長葉子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

杵屋六三郎(4代)の関連キーワードカージャール朝ティチング後桃園天皇平賀源内後桃園天皇小波軍平京の四季南画結城寅寿ミシン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone