コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋六左衛門(13代) きねや ろくざえもん

2件 の用語解説(杵屋六左衛門(13代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杵屋六左衛門(13代) きねや-ろくざえもん

1870-1940 明治-昭和時代前期の長唄三味線方。
明治3年5月13日生まれ。杵屋宗家12代六左衛門の長男。前名は喜三郎。明治27年宗家13代六左衛門をつぐ。のち猿若山左衛門(さんざえもん),杵屋寒玉と改名。三味線演奏の名手として知られ,「楠公」「五条橋」などを作曲した。昭和15年3月23日死去。71歳。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

杵屋六左衛門(13代)

没年:昭和15.3.23(1940)
生年:明治3.5.13(1870.6.11)
明治期から大正期にかけての長唄の三味線方。12代目杵屋六左衛門の長男。幼名阿久里。吉之丞から12代目喜三郎を経て,明治27(1894)年,六左衛門を襲名。13代目六左衛門の芸を愛した小松宮彰仁親王から三味線を下賜されたことを記念して,寒玉と号した。大正5(1916)年,実子安彦に六左衛門名義を譲り,猿若山左衛門を名乗る。歌舞伎座の囃子頭となり,植木店派全盛期を築きあげる。「楠公」「五条橋」などを作曲。

(植田隆之助)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杵屋六左衛門(13代)の関連キーワード杵屋佐吉杵屋六三郎立三味線脇三味線杵屋勝五郎(4代)杵屋佐吉(4代)杵屋新右衛門(初代)橘つや常磐津文字兵衛(初代)松永鉄五郎(7代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone