コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋六左衛門(14代) きねや ろくざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杵屋六左衛門(14代) きねや-ろくざえもん

1900-1981 明治-昭和時代の長唄唄方。
明治33年10月6日生まれ。杵屋宗家13代六左衛門の長男。大正5年宗家14代六左衛門を襲名。三味線方の家系の伝統からはなれて唄方に転じ,4代吉住(よしずみ)小三郎にまなぶ。昭和19年東京音楽学校(現東京芸大)教授。36年芸術院賞。41年芸術院会員。49年人間国宝。昭和56年8月23日死去。80歳。東京出身。本名は杵家安彦。作品に「能阿(のあ)」「楢山節考(ならやまぶしこう)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

杵屋六左衛門(14代)の関連キーワード昭和時代明治

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android