コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋勘五郎(初代) きねや かんごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杵屋勘五郎(初代) きねや-かんごろう

?-1643? 江戸時代前期の歌舞伎狂言役者。
江戸長唄の杵屋宗家(そうけ)の始祖とされる。「杵屋系図」によると,元和(げんな)のころ兄の猿若勘三郎(初代中村勘三郎)とともに上方から江戸に出,杵屋の姓と三本杵の家紋をつくり,兄の脇(わき)師をつとめて猿若狂言に活躍したという。寛永20年9月11日?死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

杵屋勘五郎(初代)

没年:寛永20.9.11(1643.10.23)
生年:生年不詳
江戸前期の長唄三味線・唄方の宗家である杵屋の始祖。江戸歌舞伎の中村座を開いた猿若(初代中村)勘三郎の弟で,杵屋の紋(三本杵)を作った人物と伝えられる。17世紀前半に上方から江戸へ下り,兄勘三郎の脇師を勤め,猿若踊りの振り付けをするなど猿若狂言で活躍した。<参考文献>3代目杵屋勘五郎(11代目杵屋六左衛門)「大薩摩・杵屋系譜」(『音曲叢書』1編,1973復刻)

(長葉子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android