コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋勘五郎(2代) きねや かんごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杵屋勘五郎(2代) きねや-かんごろう

1619?-1699? 江戸時代前期の長唄三味線方。
元和(げんな)5年?生まれ。杵屋宗家2代杵屋六左衛門の子。宗家3代。はじめ猿若狂言師。のち小歌に三味線をくわえ,「七段獅子」を作曲したといわれ,長唄三味線方の始祖とされている。元禄(げんろく)12年10月21日?死去。81歳? 初名杵屋喜三郎。作品に「炮碌聟(ほうろくむこ)」「花盗人」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

杵屋勘五郎(2代)の関連キーワード総合年表(アメリカ)一如上人ダンピアシャフツベリー(伯)フレデリック4世中島川福山藩フィールドマウリッツ横須賀藩

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android