コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋勝太郎(4世) きねやかつたろう[よんせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杵屋勝太郎(4世)
きねやかつたろう[よんせい]

[生]1885.7.3.
[没]1966.4.22.
長唄三味線方の家元。3世勝太郎の門弟。本名高橋善三郎。前名勝吉。4世杵屋佐吉,3世杵屋栄蔵と並び称せられる三味線の名手。特にその豪快な演奏は他の追随を許さぬ力量をもっていた。作曲には『可祝 (かしく) の柳』『井筒業平』『三人片輪』『宝三番叟』などがある。関東大震災以後,居を大阪に移し,関西長唄界の巨匠として,長唄協会顧問,関西長唄協会会長,杵勝会総務を歴任。なお,1世勝太郎は1世杵屋勝五郎門弟で,文政 (1818~29) 頃の人といわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

杵屋勝太郎(4世)の関連キーワード新藤兼人日本郵便制度史(年表)加藤泰丹下健三野村芳太郎森一生宇宙開発史(年表)ニミッツ千夜一夜物語ビートルズ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android