コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋喜三郎(6代) きねや きさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杵屋喜三郎(6代) きねや-きさぶろう

?-1730 江戸時代中期の長唄三味線方。
杵屋宗家6代。享保(きょうほう)8年江戸中村座の猿若勘三郎百年忌(猿若座創立100年目)寿狂言「猿若」「新発意太鼓(しんぽちだいこ)」を子の喜三郎(宗家7代)とともにつとめ,「泰平の綱引」を作曲したという。後年六左衛門とあらためたともいうが定かでない。享保15年2月19日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

杵屋喜三郎(6代)の関連キーワード徳川吉宗江村如圭フレデリック4世クレメンス12世前古典派音楽フレデリク4世働く親と学童保育先物取引徳川宗春(1696~1764)コメ先物取引

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android