コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋喜三郎(8代) きねや きさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杵屋喜三郎(8代) きねや-きさぶろう

?-1787? 江戸時代中期の長唄三味線方。
杵屋宗家7代喜三郎の子。宗家8代。明和5年喜三郎をつぐ。門弟万吉を養子としたのちに実子の胴吉が生まれたので,万吉を別家させて六左衛門の名跡をつがせた(別家9代)。天明7年9月20日?死去。初名は三郎助。作品に「種蒔(たねまき)三番叟(さんばそう)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

杵屋喜三郎(8代)の関連キーワード寛政の改革寛政改革フェデラリスツセシーユ桂川甫粲緑色岩森羅万象フェデラリストベルトレゲーテ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android