杵屋喜三郎(8代)(読み)きねや きさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杵屋喜三郎(8代) きねや-きさぶろう

?-1787? 江戸時代中期の長唄三味線方。
杵屋宗家7代喜三郎の子。宗家8代。明和5年喜三郎をつぐ。門弟万吉を養子としたのちに実子の胴吉が生まれたので,万吉を別家させて六左衛門の名跡をつがせた(別家9代)。天明7年9月20日?死去。初名は三郎助。作品に「種蒔(たねまき)三番叟(さんばそう)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

サマータイム

夏時間。 summer timeは和製語で,欧米では daylight saving timeという。夏季の一定の期日を限り,日中の時間をより有効に使うため,標準時間より1時間ないし2時間時計を進める...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android