コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋弥三郎(初代) きねや やさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杵屋弥三郎(初代) きねや-やさぶろう

?-1758 江戸時代中期の長唄三味線方。
杵屋宗家4代六左衛門あるいは宗家7代杵屋喜三郎の門弟。宝暦3年江戸中村座で初演の「娘道成寺(むすめどうじょうじ)」の立三味線をつとめる。作曲にすぐれ,大薩摩(おおざつま)節もよくしたという。弥三郎の名は弥三郎派の家元名として8代をかぞえる。宝暦8年死去。作品に「執着獅子(しゅうじゃくじし)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

杵屋弥三郎(初代)の関連キーワードエドワーズクレメンス13世ノバルティスブラックストンルソー(Jean-Jacques Rousseau)アンヌボア城市川団十郎稲村三伯ウェブスター小野川喜三郎

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android