コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋弥三郎(3代) きねや やさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杵屋弥三郎(3代) きねや-やさぶろう

?-? 江戸時代後期の長唄三味線方。
2代杵屋弥三郎の養子といわれる。文化11年(1814)江戸森田座で3代を襲名。めりやす上調子(うわぢょうし)や,大薩摩(おおざつま)節を得意としたという。天保(てんぽう)元年(1830)ごろ死去。前名は杵屋錦次郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android