コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋弥十郎(初代) きねや やじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杵屋弥十郎(初代) きねや-やじゅうろう

?-? 江戸時代中期の長唄三味線方。
初代杵屋新右衛門の門弟。前名は弥七(初代)。寛延元年(1748)弥十郎と改名,大薩摩(おおざつま)節やめりやすの三味線で人気をあつめ,宝暦10年(1760)ごろまで活動した。弥十郎の名は弥十郎派家元名として9代をかぞえる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android