コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋正次郎(2世) きねやしょうじろう[にせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杵屋正次郎(2世)
きねやしょうじろう[にせい]

[生]?
[没]文政3(1820).9.1.
長唄三味線方の家元。1世杵屋正次郎実子で,作品は『舌出三番叟 (しただしさんばそう) 』『犬神』『汐汲』など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の杵屋正次郎(2世)の言及

【汐汲】より

…作詞2世桜田治助。作曲2世杵屋正次郎。能の《松風》から取材。…

【舌出三番叟】より

…作詞2世桜田治助。作曲2世杵屋正次郎,伊藤東三郎。現行は千歳と三番叟の踊り。…

【船弁慶】より

…作詞河竹黙阿弥。作曲2世杵屋正次郎。振付初世花柳寿輔。…

※「杵屋正次郎(2世)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

杵屋正次郎(2世)の関連キーワード家元文政

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android