コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松下 真一 Matsushita Shinichi

2件 の用語解説(松下 真一の意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

松下 真一

大阪生まれ。作曲を永井巴、父・松下久一に学ぶ。13歳で最初の交響曲を創作するなど、早くから作曲の才能を発揮。大学は九州帝国大学理学部、同大学院に進み、49年には大阪市立大学物理学部助教授となる一方、作 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀日本人名事典の解説

松下 真一
マツシタ シンイチ

昭和・平成期の数学者,理論物理学者,作曲家,評論家



生年
大正11(1922)年10月1日

没年
平成2(1990)年12月25日

出生地
大阪府茨木市

別名
筆名=九羅 十輔(クラ トウスケ),倉 斗鶏佑(クラ トウスケ)

学歴〔年〕
九州帝国大学理学部〔昭和22年〕卒,九州大学大学院文部省特別研究生〔昭和26年〕修了

学位〔年〕
理学博士(エルランゲン大学)〔昭和34年〕

主な受賞名〔年〕
音コン作曲第1部第3位〔昭和31年〕,現代音楽祭作曲コンクール第1位(第1回)〔昭和33年〕,ローマ国際作曲コンクール入選(第1回 2回)〔昭和34年 36年〕,音楽クリティック・クラブ賞(第1回)〔昭和37年〕「交響曲『祈り』」,大阪芸術賞〔昭和41年〕,芸術祭賞(奨励賞)〔昭和44年〕,フランス大使賞〔昭和47年〕,ドイツ大使賞〔昭和49年 51年〕,芸術祭賞(優秀賞)〔昭和49年 53年〕

経歴
昭和26年大阪市大講師、のち助教授、31年ハンブルク大並びに国立理論物理学研究所客員教授、41年エルランゲン大学特別講師を経てフリーとなる。作曲家および文化評論家としても国際的に活躍。作曲は幼少の頃より父から手ほどきを受け、中学卒業の頃には交響曲、室内楽曲、歌曲など多くの作曲を試みた。昭和33年二十世紀音楽研究所の現代音楽祭作曲コンクールで「8人の奏者のためのコンポジション」が第1位となる。36年同研究所に参加。以後もローマ国際作曲コンクールに入選するなど受賞多数。主な作品に「フレスク・ソノール」「星たちの息吹き」「シンフォニア・サンガ」などがあり、著書に「法華経原子物理学いのちの力よ、涌きあがれ」「時間と宇宙への序説」「天地有楽」などがある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松下 真一の関連キーワード作曲作曲法永井威三郎永井久一郎永井直種永井直英永井直珍松下久治郎松下真一信時 潔

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone