松井 千枝子(読み)マツイ チエコ

新撰 芸能人物事典 明治~平成「松井 千枝子」の解説

松井 千枝子
マツイ チエコ


職業
女優

本名
蔵数 富子

生年月日
明治32年 12月4日

出生地
東京市 浅草区諏訪町(東京都 台東区)

学歴
東京府立第一高女〔大正6年〕卒

経歴
舞台協会を経て、大正12年「金色夜叉」のお宮の役で映画初出演。同年秋、国活巣鴨撮影所に入社。14年松竹蒲田に入社し、「南島の春」のヒロインに抜てきされる。以後、「コスモス咲く頃」「受難華」「哀愁の湖」など数々のメロドラマのヒロインを演じ、憂いのある日本的美人女優として人気を博した。

没年月日
昭和4年 4月2日 (1929年)

家族
妹=松井 潤子(女優)

伝記
人物・松竹映画史―蒲田の時代 升本 喜年 著(発行元 平凡社 ’87発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

20世紀日本人名事典「松井 千枝子」の解説

松井 千枝子
マツイ チエコ

大正・昭和期の女優



生年
明治32(1899)年12月4日

没年
昭和4(1929)年4月2日

出生地
東京市浅草区諏訪町

本名
蔵数 富子

学歴〔年〕
東京府立第一高女〔大正6年〕卒

経歴
舞台協会を経て、大正12年「金色夜叉」のお宮の役で映画初出演。同年秋、国活巣鴨撮影所に入社。14年松竹蒲田に入社し、「南島の春」のヒロインに抜てきされる。以後、「コスモス咲く頃」「受難華」「哀愁の湖」など数々のメロドラマのヒロインを演じ、憂いのある日本的美人女優として人気を博した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android