松井 須磨子(読み)マツイ スマコ

20世紀日本人名事典の解説

松井 須磨子
マツイ スマコ

明治・大正期の女優



生年
明治19(1886)年3月8日(戸籍=11月1日)

没年
大正8(1919)年1月5日

出生地
長野県埴科郡清野村(現・松代市)

本名
小林 正子

学歴〔年〕
戸板裁縫女学校〔明治36年〕卒,文芸協会演劇研究所(第1期生)〔明治44年〕卒

経歴
16歳の時上京し戸板裁縫女学校に入学。明治36年卒業後、千葉の割烹旅館に嫁ぐが半年で不縁となり東京に戻る。41年東京俳優学校講師・前沢誠助と再婚。夫の勧めで42年坪内逍遙の文芸協会演劇研究所の第1期研究生となり、44年帝劇の「ハムレット」のオフィリアで初舞台。次いで「人形の家」のノラで大好評を博したが、前沢とは離婚。その後、27歳のとき、文芸協会の事実上の指導者だった42歳の大学教授・島村抱月と恋に落ち、そのロマンスは広く知れわたった。このため文芸協会を退会した2人は、大正2年須磨子を座頭に新たに芸術座を旗上げした。翌3年に帝劇で演じた「復活」が主題歌「カチューシャの唄」(島村抱月・相馬御風作詩 中山晋平作曲)の大ヒットで全国的な人気を呼び、一座は朝鮮、台湾、満州にまで巡業する。そして公演ごとに劇中歌を加えたところ、「命短かし恋せよ乙女」「行こか戻ろかオーロラの下を」などがヒット。「モンナ・ヴァンナ」「サロメ」「死とその前後」の上演などで一座は好調を続けたが、7年11月抱月がスペイン風邪で急死すると、「カルメン」出演中の2ケ月後の命日に後追い自殺した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

松井 須磨子
マツイ スマコ


職業
女優

本名
小林 正子

生年月日
明治19年 3月8日

出生地
長野県 埴科郡清野村(長野市)

学歴
戸板裁縫女学校〔明治36年〕卒,文芸協会演劇研究所(第1期生)〔明治44年〕卒

経歴
16歳の時上京し戸板裁縫女学校に入学。明治36年卒業後、千葉の割烹旅館に嫁ぐが半年で不縁となり東京に戻る。41年東京俳優学校講師・前沢誠助と再婚。夫の勧めで42年坪内逍遙の文芸協会演劇研究所の第1期研究生となり、44年帝劇の「ハムレット」のオフィリアで初舞台。次いで「人形の家」のノラで大好評を博したが、前沢とは離婚。その後、27歳のとき、文芸協会の事実上の指導者だった42歳の大学教授・島村抱月と恋に落ち、そのロマンスは広く知れわたった。このため文芸協会を退会した2人は、大正2年須磨子を座頭に新たに芸術座を旗揚げした。翌3年に帝劇で演じた「復活」が主題歌「カチューシャの唄」(島村抱月・相馬御風作詩 中山晋平作曲)の大ヒットで全国的な人気を呼び、一座は朝鮮、台湾、満州にまで巡業する。そして公演ごとに劇中歌を加えたところ、「命短かし恋せよ乙女」「行こか戻ろかオーロラの下を」などがヒット。「モンナ・ヴァンナ」「サロメ」「死とその前後」の上演などで一座は好調を続けたが、7年11月抱月がスペイン風邪で急死すると、「カルメン」出演中の2ヶ月後の命日に後追い自殺した。

没年月日
大正8年 1月5日 (1919年)

伝記
火の女恋の哀史 須磨子の一生松井須磨子―女優の愛と死 福田 清人 著秋田 雨雀,仲木 貞一 著戸板 康二 著(発行元 勉誠出版大空社文芸春秋 ’09’99’86発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

松井 須磨子 (まつい すまこ)

生年月日:1886年3月8日
明治時代;大正時代の女優
1919年没

松井 須磨子 (まつい すまこ)

生年月日:1886年7月20日
明治時代;大正時代の女優
1919年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松井 須磨子の関連情報