松原[市](読み)まつばら

百科事典マイペディアの解説

松原[市]【まつばら】

大阪府中部,大阪平野大和川左岸部を占める市。1955年市制。農耕地として古くから開け,古墳や反正天皇の丹比柴籬(たちひのしばがき)宮跡などがある。近鉄南大阪線が通じる松原,天美を中心に発達,繊維・金属機械工業などが盛ん。周辺は大阪市の野菜供給地であるが,宅地化も著しい。近畿・西名阪の各自動車道と阪神高速道路結節点で道路交通の要衝,大阪中央環状線が通じる。16.66km2。12万4594人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まつばら【松原[市]】

大阪府中部,大和川を隔てて大阪市の南に隣接する市。1955年松原町,天美(あまみ)町,三宅村,恵我村,布忍(ぬのせ)村が合体,市制。人口13万4457(1995)。市域は南方の狭山(さやま)池付近を頂点に北へ緩やかに傾く扇状地の上にある。狭山池を水源に早くから水田耕作が行われ,条里制地割りが残る。難波と飛鳥を結ぶ竹内街道長尾街道と中高野街道の会合地に古い集落が立地した。1923年大阪鉄道(現,近鉄南大阪線)が開通して住宅地化が始まり,第2次大戦後本格化した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android