コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松原禅礎

美術人名辞典の解説

松原禅礎

臨済宗の僧。松島瑞巌寺住職。岐阜県生。道号は盤龍、江月堂を号す。江月寺の要明に就いて出家。広瀬林外咸宜園に学ぶ。のち相国僧堂の荻野独園に参じその印可を得る。北海道教務監督として札幌に大円山瑞龍寺を開創するなど教化活動の他、大梅寺再興などに力を尽くした。妙心寺派管長顧問に補せられる。昭和12年(1937)寂、88才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

松原禅礎の関連キーワード臨済宗

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android