コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松囃子・松拍子 まつばやし

大辞林 第三版の解説

まつばやし【松囃子・松拍子】

中世、正月に行われた囃子物。町村で組を作って趣向をこらし、権門勢家を訪れて祝言を述べたもの。のち、猿楽の太夫が将軍家などで勤めた。現在、民俗芸能として熊本県菊池市・福岡市などに残る。飾り囃子。
江戸時代、正月に行われた謡初め。将軍家や公家では3日に各座の能楽太夫を招いて行い、一般では3日から15日の間に行なった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android