松尾 直義(読み)マツオ ナオヨシ

20世紀日本人名事典の解説

松尾 直義
マツオ ナオヨシ

大正・昭和期の労働運動家



生年
明治33(1900)年8月6日

没年
昭和10(1935)年6月6日

出生地
京都府加佐郡舞鶴町職人町(現・舞鶴市)

学歴〔年〕
旅順第一尋常小学校卒

経歴
上京して苦学を志したが、大正7年ころから鈴木電機製作所などで金属工として働く。沖電機にいた頃総同盟東京電機工組合に参加。12年共産党に入党し、各地の争議を指導。13年検挙されて懲役2カ月、執行猶予3年に処せられる。出獄後は総同盟の戦闘化につとめ、14年評議会の創立に参加。15年コミュニストグループに参加して党大会準備委員となって活躍。昭和3年の3.15事件で検挙され、懲役10年の刑に処せられたが、服役中発病し、10年仮出獄したが、間もなく死去した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android